IC-7000電源ケーブルの電圧降下について考察

 という、長ったらしいタイトルを付けてみましたが、無線ネタです。
ほとんど使ってないんですが、iCOMのIC-7000を持ってます。
使ってない理由は、なんとなく使いにくいというかしっくりこないというか、、、
1台で430MHzまでいけるんで便利は便利なんですがね。
一番の理由は、車のバッテリから電源を取って運用するとき電圧降下で
RIGにリセットがかかってしまう事しばしで、あかんやんこれではという事です。
でも、そもそもそんなにヤワなん?という疑問が沸いてきたので調べてみた。


実測中の様子

 まず、ケーブルの仕様を確認。こんな感じです。
だ~いたいの計算ではフルパワーのときで約0.63Vぐらいの電圧降下はあり得る。

で、実測してみた

 RTTYのシングルトーンで送信、CWはキーがなかったので・・・勿論ダミーにパワーを食わせて!
最初の写真の電圧計、右が電源の出力電圧、左がRIGの入り口電圧
結果はこうです。

電源が11VのときRIG入り口では10Vで、1Vのドロップ
電源が13.5VのとくRIG入り口では12Vで、1.5Vのドロップ
先の計算とはえらい違い、なんで???

 RIG入り口電圧と出力パワーの関係も測ってみた、ただしRIGの表示を読んだだけなので
かなりええ加減な測定です。出力パワーが何Vでフルになるかが見たかったので。
で、結果がこれ

10V以下ではリセットがかかってしまって測定不能
12.5V以上あればフルパワー出る
10V-12.5V間で線が曲がってるのはあまり気にする必要はありません、表示の読み方で
この辺は適当に変化しそうなので。

という事で、わかった事
1.RIG入り口では12.5Vは確保したい。
2.今のケーブルでは1.5Vぐらい電圧降下があって、12.5V確保しようとすると14Vは必要
車のバッテリでは無理そう。
3.ケーブルのフューズを抜き差ししてみると、電圧降下は1V程度まで改善した。
また、フューズ周りのケーブルがやけに温かくなっていた。
どうもこの辺が怪しい。
4.出力50Wではもう少し余裕がありそう。

新しいケーブル新調しようか・・・
もっとしっかりしたフューズホルダないかねぇ??

ちなみにケーブルの仕様はこれを見ました。

北越電線(株)製です。
ほな、

カテゴリー: 無線 パーマリンク

IC-7000電源ケーブルの電圧降下について考察 への2件のフィードバック

  1. kh0/w5sea のコメント:

    アイコムのケーブルは間に入ってるヒューズボックス(?)がやわでこれになりやすいとか。
    大電流対応のに代えてみてはいかがでしょう?

  2. もあい のコメント:

    杉山さん
    南の島、満喫してはりますか~
    DXクラスタを時々見てますがまだ遭遇できてませんね。
    WSJTは今出れる環境がないのでちょっと無理ですがー
    大電流のヒューズホルダお薦めないでしょうか?ざっとググッてみましたが良さげなものは
    見つけられませんでした。
    一応、新品ケーブルは注文したんですけど原因がはっきりしないと同じ運命を
    たどる可能性大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。