無線のライセンス

 先日、ある無線のお友達と一杯やってて、
何時ライセンスを取ったか!という話題になりました。
改めて見直してみた。

まぁ、こんな感じでして

電話級から2アマまでが1年
2アマから1アマまでが2年半
その後はだいぶ空いてます。

免許人の変遷は、
近畿電波監理局長⇒郵政大臣⇒郵政大臣⇒総務大臣
とな。全部紙のライセンス
最近の英語併記のカードタイプのライセンスも欲しいな。

それにしても最初の2枚、自分で言うのもナニですがかわいい顔してるなぁ、
その後は憎たらしい顔で写ってる。
ほな、

カテゴリー: 無線 パーマリンク

4 Responses to 無線のライセンス

  1. ji3kdh のコメント:

    いやはや、素晴らしいですね…
    僕も並べてみようかなと一瞬血迷いましたが、ヤンペしました(^^;
    郵政大臣のもいっときあったんですけど、諸般の事情で今は手元にありません。

  2. もあい のコメント:

    どうもです。
    実はこの記事、掲載しようかどうか躊躇しました、ヤンペでよろしいかと。
    こーいうのはあまり一般公開する類のものではないかと、そんな気もしてます。
    他の方がそうしてたとしても、それはそれで別にいいんですけどね。

     郵政大臣のは再発行で変わったんかな、、、

  3. しげたろう のコメント:

    電話DN→電信GLなので3年?
    電信→2アマGIなので半年
    2アマ→1アマYHなので何年空いてる?

  4. もあい のコメント:

    記号で年数が分かるんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。