EU9iのノイズ対策、再び!

   久しぶりの更新です。
ここんとこちょっと体調を崩して外遊びは自粛してました。
こちらでやったノイズ検証ですが、今一納得してなかったのでガレージ(納屋)で
実験してみました。

今回使ったノイズフィルタです。

TDK・LambdaのRSHN-2010というのを使いました。1.8MHz,3.5MHzあたりの
特性の良いものを選びました。
裏からみるとこんな感じ、


ほんで結果ですが、つべこべ書くより実態を見てもらった方が分かりやすいし
説得力があるのでこちらをどうぞ。

 

言えることは、
1.ACラインから放射でアンテナにノイズ乗る
2.ACラインから電源経由でRIGにノイズが乗る
3.効果的な対策は
①発電機の出口にラインフィルタを入れる
②FGはきちんと取る
③アンテナと発電機、ACラインは極力離す

ということかと思います。
ほな、

カテゴリー: 無線 パーマリンク

EU9iのノイズ対策、再び! への3件のフィードバック

  1. jr3eoi のコメント:

    締め切った室内で発電機を回しての実験、お疲れ様でした。
    私の場合、FGはそれほど効果的ではなかったですね。
    で、酸欠および一酸化炭素中毒の症状は無かったんでしょうねぇ。

  2. jr3eoi のコメント:

     発電機を持って移動するようになってから、1.9M帯でのノイズが期になっていました。
    1個のラインフィルタを付けるわけですが、発電機側に付けるかRIG側に付けるかを
    試してみたところ、発電機側の方がノイズが少なかったので、以来そうしています。
    こりゃACラインがノイズ放射器になっているのだとすぐに分かりました。先の実験では
    結局はあっちとこっちで2個付けるのが良いとはなりましたが。となると、ついでに真ん
    中にも付けてみたくなります。

  3. もあい のコメント:

     今回の実験ではACラインからの放射と伝導雑音が観測されました。どちらも元凶は発電機です。
    先の実験では放射は観測されず伝導だけでした、アンテナとの距離がそこそこあったからだと思います。
    RIG側のフィルタが効いたのは伝導雑音に対して効果を示したからと思います。放射ではありません。
    FGが効かなかったのは元々コモンモードに対する減衰率が小さくて効果が小さい可能性が考えられますが
    特性が調査できないのが残念!または、FGが貧弱だからと思います。効かなかったというまぎれもない
    事実があるので、この場合はFGを無視するのもありかと思います。
    真ん中にもフィルタ、沢山入れるほどそれなりの効果は出ると思いますが、ほとんど力ずくですね。
    できればノイズ源の出口でスマートにやりたいものです。
    結果オーライで自己満足できればそれでよしですよ勿論。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。