IC-7610導入に伴いシャックの模様替え

 無線ネタでございます。
今まで固定で使ってたRIGが老朽化してきたので新しいRIGを奮発した。
永らくKENWOOD派を通してきましたが、最近元気ないので今回はiCOMにしました。

 入荷して早速セッティングしますが、iCOMの使い方習得、I/F類の準備と
やることが沢山あります。いきなり棚に押し込んでしまうとリアパネルのアクセスが
大変なのでとりあえず仮のセッティングをした。

これでもすっきりさせた方ですが、まだまだですねぇ、コードくんの処理が課題かな。

 今まで使ってたRIGがKENWOODのTS-870(写真右下)、入手したのが確か1995ごろ、
もう23年も前です。このRIG、初のIF以下デジタル化で話題になったもの。
受信性能、特に混信特性の評判はあまりよくなかったようですが、受信音は
ボク好みで気に入ってました。いままでよく働いてくれました。これからはラジオ代わり
に使おう。

 で、今回仕入れたIC-7610はRFダイレクトサンプリングが売りのRIG、その性能を
実感するほどまだ使ってないが、ワイドで聴く音質は先のTS-870を上回る気がする
まぁ、23年もの技術革新の賜物なので当たりまえかも。

 ざっと触ってみて感じたこと
【良いところ】
1.音はいい
2.デュアルワッチは確かに便利だ
3.軽い
4.USB i/fでPCにつながる(これは最近当たりまえのようだ)
5.RTTY、PSKはPCなしでもできる(これも最近当たりまえのようだ)
しかも操作性はわりといい

【もうちょっとのところ】
1.ELEC-KEYジャック(パドル入力)はリアパネルにも欲しい
前パネルにでっかいジャックが出っ張るのは邪魔でしかたない
2.同様にUSBコネクタもリアにも欲しい
3.phoneジャックは頻繁に使うものではないので前でOK
4.同様にマイクコネクタもそうですが、これは仕方ないか!
5.通常モードのとき、MULTIつまみで大雑把な周波数変更できるように
してほしい、5kHz,10kHz間隔で動くように。(Kenwoodにある機能です)
今はメモリチャンネルが動く仕様になってるがこんな機能不要かと。

 使い方を熟知してないのでこんなんできるよ等指摘熱烈歓迎!

受信性能等本質部分は追って、というか私的には十分な性能なので
あまり気にしてませんのです。

 マイクはとにかく邪魔になるので、今回、リアのACC端子のMODラインから
入れることにした。ついでにこちらで紹介したコンデンサマイクを今は繋いでいます。
ファンタム電源が必要なのでこちらのエフェクタも入れておいた。
リバーブかけたり真空管模擬サウンドにしたり女子声にしたり、そんな事も
できてしまいます。最もそんな機能使うことはまーありませんが、、、
だいたいphoneで交信する比率は全体の30%もあるだろうかという感じです。

i/f類が整えばもう少しすっきりと整備したいものです。
ちなみにこれまでのシャックの様子はこんな感じでごちゃごちゃしてますな。

ほな、

カテゴリー: 無線 パーマリンク

IC-7610導入に伴いシャックの模様替え への6件のフィードバック

  1. ji3kdh のコメント:

    990行って欲しかったなぁ~!!

  2. もあい のコメント:

    そんな資金おまへん、つーかボクには宝の持ち腐れになりますわ。

  3. もあい のコメント:

    リモートコントロールまでには先は長いが今までやったことを記録しておく。

    1.マイクからの変調入力はリアのACC端子MODへ、特に抵抗分圧とか必要なし、
    ただしエフェクタの出力はステレオなので100Ωの抵抗を入れてL、R繋いで
    おいた。コンデンサマイク(BM800 ECM)の出力レベルは十分大きいようで、
    RIG側の入力レベルは50%のままでOK

    2.久しぶりにスーパーローカルのOMさんと7MHzで話をしてたら、ひょんな事
    からリボンマイク(MXL R144)とボクが持ってるセラミック球(8122 3本)
    を交換してもらえる事になった、早速マイクを試してみると、これがもうカ
    ルチャーショック、マイルドなとっても素敵な音質で気に入りました。
    ただしレベルが低いので変調入力を75%に引き上げた。

    3.MMTTYをUSBケーブルだけで動かす設定をした。icomのUSBドライバをPCに入れて、
    MMTTYの方はそのままではダメでなんちゃらファイルをインストールして、COMポ
    ートの割り付けをする。RIG側もこれに合わせて設定すればOK、ネット検索する
    と紹介記事が出てくる。配線がシンプルになりました。

    4.次はzLog、MMTTYと同じ感覚でできるかと期待したがうまくいかず。ソフト開発が
    だいぶ前にSTOPしてるからか? 

    5.しかたないので今はやりのCTESTWINで試してみた。こちらは精力的にバーション
    アップされてるので紆余曲折ありながらも設定できた。CWのUSBキーイングとRIG
    コントロールまでOK、普段CTESTWINを使ってないので操作方法がイマイチ把握で
      きてない。慣れが必要、おいおい

    本日はここまで、

  4. ji3kdh のコメント:

    楽しんではりますねぇ~870はもう完全にお払い箱かな?
    実は僕も次なる無線機をと思いながら、狙いが全然別なところなんですが…いつになるやら。
    いや、全然無線してない自宅は当分変化なしです。

  5. もあい のコメント:

    どうもどうも、
    こんなんやってると時間がたつのを忘れてしまいます。何かに集中できるのは
    良い事だと手前勝手な解釈してます。

    870はもう少しおいといてたまには使ってあげようかと思ってます。
    杉山さんのねらい目はアレですよね、例えばFLEX6400とかのタグイ、、、
    その路線魅力的です。ボクの場合は新スプリアス規制をクリアする目的もありました。

    7610もパネルを別売りにして、PCソフトだけでやるバーション作ればいいのにと
    かねがね思ってます。中身をもっと充実させてね。

  6. もあい のコメント:

    PCのCOMポートを2,3に変えたら、zLogのUSBケーブルだけの設定はできた。CWキーイングとPTT
    RIGコントロールだけが何故かうまくいかない。
    しかたないのでとりあえずCI-Vケーブル繋いでRIGコントロールは動いた。
    まぁ、別のI/Fが不要になったのは前進、しかも反応は早く軽快にキーイングができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。