噴霧器のメンテ

 休耕田のあぜ道とかが草ぼうぼうになって難儀している今日この頃。
除草剤でも散布しようかと思い立ったが、永らく噴霧器をつかってない
納屋から埃だらけの噴霧器を引っ張り出してきてメンテした。

こんなやつです。前回使おうとしてエンジンがかからなかった記憶があったので
キャブレターの掃除をする。

 

 このエンジンは2サイクルなので混合油で動きます。
燃料タンクの中を覗いてみると何やら垢のようなものが浮いているではないか!
キャブの掃除よりこっちの方が先やね、ということでおnewの燃料を少し入れて
全体を揺さぶって一気にバサーっと放出、きたないものが出てきました。(写真忘れた)

 後ろから(エアクリーナーキャップは外してある)

キャブを外してみた、特に汚れた様子はない

相手側も特に汚い感じではない


燃料がとおる穴をエフの針金でイングリモングリして一応掃除しておいた
特に汚れた感じはなかった。

次、ブラグの掃除、プラグを外そうとして筒状のレンチを入れてみたが
どうもサイズが合わない、なので断念!

全部アッセンブリし直して、燃料を入れて、チョークを引いてエンジン始動
おお、一発で動いた。良かったよかった。
これで除草剤の散布ができる。
ほな、

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。